令和4年度 国総研講演会気候変動への対応
~国土交通グリーンチャレンジに向けた国総研の取り組み~

開催概要

日   時:
令和4年12月8日(木) 10時00分~17時00分(開場 9時30分)
主   催:
国土交通省 国土技術政策総合研究所
場   所:
日本教育会館 一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
※オンラインとのハイブリット開催となっております
参 加 費:
無料
定   員:
800名(会場:300名、ライブ配信:500名)
※定員が埋まり次第、受付は終了となります。

案内チラシはこちら

事前申込・CPD申請

■事前申込はこちらからお願いいたします。
〆切:12月2日(金)
※ライブ配信(zoom)については、定員となりましたので、受付を停止いたしました。

■オンライン参加で、CPD申請を希望された方は、以下の土木学会認定CPDプログラム受講証明申請書に必要事項をご記入の上、 nil-kouenkai@mlit.go.jp までご提出ください。
〆切:令和4年12月16日(金)
(土木学会認定CPDプログラム受講証明申請書)

プログラム

時間 講演タイトル 講演者
10:00~10:10 開会の挨拶 所長
奥村 康博
10:10~10:30 近年発生した土砂災害の特徴と気候変動 土砂災害研究部
深層崩壊対策研究官
秋山 一弥
10:30~10:50 気候変動に向けた「洪水危険度の見える化」の取り組み 河川研究部長
福濱 方哉
10:50~11:10 道路構造物研究部における気候変動への対応
~近年の道路構造物の豪雨被害への取り組み~
道路構造物研究部長
福田 敬大
11:10~11:30 沿岸海洋・防災研究部における気候変動への対応と最新の話題について 沿岸海洋・防災研究部長
淺井 正
11:30~11:50 港湾分野の気候変動対応と港湾研究部の研究動向 港湾研究部長
酒井 浩二
11:50~12:10 航空・空港分野の気候変動対応と空港研究部の研究動向 空港研究部
空港施設研究室長
坪川 将丈※
12:10~13:10 * * * * 昼休憩(60分)* * * * 
13:10~14:15 ◆ 特別講演 ◆
住宅・社会資本分野における気候変動への対応
~住宅の省エネ対策による幼児から高齢者の健康への影響を中心として~
慶應義塾大学理工学部 システムデザイン工学科教授   伊香賀 俊治
14:15~14:30 * * * * 休 憩 (15分) * * * *
14:30~14:50 気候変動緩和に向けた下水道技術のアプローチ 下水道研究部長
三宮 武
14:50~15:10 気候変動緩和に向けた道路交通研究部の取り組み 道路交通研究部長
高宮 進
15:10~15:30 気候変動を見据えた社会資本マネジメント研究の今後の方向 社会資本マネジメント
研究センター長
齋藤 博之
15:30~15:45 * * * * 休 憩 (15分) * * * *
15:45~16:05 建築研究部における気候変動への取り組み
木材利用の促進と今後の展開~
建築研究部長
長谷川 洋
16:05~16:25 気候変動対策として求められる住宅・建築物の脱炭素化
~ 既存ストックの省エネ改修の取り組み ~
住宅研究部長
眞方山 美穂
16:25~16:45 都市分野の研究開発の最新動向
~気候変動への対応を中心として~
都市研究部長
村上 晴信
16:45~16:55 総括 研究総務官
佐々木 隆
16:55~17:00 閉会の挨拶 副所長
高野 誠紀

※一部講演者の変更について
当初講演を予定しておりました、空港研究部長 丹正清輝氏については、諸般の事情により、講演を見合わせることとなりました。
代役として、同研究部 空港施設研究室長 坪川将丈氏が講演いたします。
講演を楽しみにしてくださった皆様には、深くお詫び申し上げます。
何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。


国総研講演会アーカイブ(開催報告)

2021.10.31 令和3年度
2021.1. 18 令和2年度
2019.12. 3 令和元年度
2018.12. 4 平成30年度
2017.12. 6 平成29年度
2016.12. 8 平成28年度
2015.12. 3 平成27年度
2014.12. 3 平成26年度
2013.12. 3 平成25年度
2012.12. 4 平成24年度
2011.12. 1 平成23年度
2010.12. 1 平成22年度
2009.12. 2 平成21年度
2008.12. 2 平成20年度
2007.11.15 平成19年度
2006.12. 6 平成18年度
2005.12. 8 平成17年度
2004.12. 8 平成16年度
2003.12.10 平成15年度
2002.12.11 平成14年度
2001.12.11 平成13年度