研究内容
更新履歴
連絡先
地球温暖化対策
景観の保全・形成
歴史まちづくり
English
国土交通省 国土技術政策総合研究所 環境研究部 緑化生態研究室
■「まちづくり効果」を高める公共事業の進め方(案)〜公共事業における景観配慮の事例に学ぶ〜(2014.9発行)
公共事業は、美しい施設や空間の創出にとどまらず、地域社会に様々な効果(まちづくり効果)を与えます。しかし、地域社会に与える効果の全体像や効果を与える仕組みについては、現場技術者が活用できる情報が整備されていませんでした。
 そこで国総研では、事業によって生み出される空間のエンドユーザーの視点に着目し、事業の各段階における景観配慮が地域社会にどのような効果を与えるのかを分析し、どうすれば効果が生まれるのかを明らかにしました。本書は、その成果をもとに、まちづくり効果の類型化を行うとともに、効果発現に寄与する取組みポイントをまとめたものです。
■景観デザイン規範事例集(2008.3発行)
規範事例集とは、公共事業における景観デザインの規範となる事例を集めたもので、公共空間における景観デザインを考える際に参考となる考え方や技術情報を提供することを目的に作成しました。全体で94事例(コラム含む)を取り上げ、550ページを超える資料となっています。本事例集は国土技術政策総合研究所資料として発行しており、下記リンクからpdfファイルをご覧頂けます。
    ■国土交通省所管公共事業における景観検討の基本方針(案)(2007.3)
    美しい国づくり政策大綱(2003)に謳われた「公共事業における景観アセスメント(景観評価)システムの確立」に向け、準備及び試行段階から制度設計支援やモニタリング等の研究を進めています。その成果として「国土交通省所管公共事業における景観検討の基本方針(案)」が改定・公表され、全ての国土交通省所管公共事業を対象として、本格運用を開始しています。