研究内容
更新履歴
連絡先
地球温暖化対策
景観の保全・形成
公共空間のデザイン・マネジメント
歴史まちづくり
English
国土交通省 国土技術政策総合研究所 社会資本マネジメント研究センター 緑化生態研究室
 樹木の管理と更新
美しく良好な環境を保全・創造するとともに、多様性のある地域を形成するための道路緑地の整備手法について調査研究を進めています。街路樹の倒伏や根上り等に対応するための維持管理技術や、ガンマ線を使った街路樹の腐朽診断等の開発を行っています。
 公園・緑地計画
総合的な里山保全制度の設計や、人口減少や都市の衰退等に対応した緑の基本計画の策定技術に関する研究を行っています。
 環境アセスメント・ミティゲーション
生態系・自然とのふれあい分野に関する環境アセスメントの技術支援や、建設事業の希少猛禽類への影響を事前に予測するシステムの開発を行っています。
 生物多様性の確保
野生生物の生息に配慮したエコロジカルネットワーク計画や、環境の変化が生物の生息に及ぼす影響を予測するための統計モデル開発のほか、在来種利用型の緑化技術、特定外来生物の防除手法に関する研究を進めています。
 地球温暖化対策
都市緑化樹木の1本当たりの成長量を求めることにより、樹木1本当たりの年間CO2固定量算定式を開発したり、衛星データにより都市緑地の量、増減を把握することによりCO2固定量を推計する手法の開発を行っています。
 景観の保全・形成
良好な景観を創出するための体制・システムやめざすべき規範・目標像、景観創出によって発現する効果など、公共事業の景観形成に関する研究を行っています。
 公共空間のデザイン・マネジメント
市街地における道路空間の機能拡充やまちなか広場の質的向上に効果的な、公共空間の計画・設計手法やマネジメントの体制・進め方に関する研究を行っています。
 歴史まちづくり
地域の歴史や文化を活かしたまちづくりを支援するため、歴史的風致形成に資する建造物等の保全・活用・復元や、災害時における歴史的風致の維持に関する研究を行っています。