国土交通省 国土技術政策総合研究所 道路構造物研究部

橋梁研究室

研究内容

橋梁研究室の研究内容をご紹介します。

研究内容の概要

1)主な研究領域

  1. 道路橋および道路附属物の科学的保全
    1. @信頼性とリスクを考慮した道路橋および道路附属物の予防保全的管理手法に関する研究
    2. A既設構造物の性能評価に関する研究
  2. 道路橋および道路附属物の効率的形成のための設計・施工・品質管理マネジメント     
    1. @道路橋および道路附属物に付与すべき性能水準の設定と基準化に関する研究
    2. A道路橋および道路附属物の耐久性を適切に評価できる手法の確立に関する研究

他機関との連携及び技術支援活動

1)道路橋および道路附属物に関する技術基準等の原案策定

2)道路橋および道路附属物の設計施工にかかる全国的措置対応の技術支援等

3)道路橋および道路附属物に関する災害・事故・不具合等への対応、高度な基準解釈等に関する技術支援

  • 道路管理者からの要請による緊急派遣・現地調査指導を含む、道路橋および道路附属物の損傷や不具合への対応支援
  • 道路管理者からの要請による、個別事業についての技術的な相談への対応      
  • 道路管理者からの要請による、道路橋示方書等、公益社団法人日本道路協会(以下,道路協会)発行の図書に関する一般的な内容に関するご質問は、質問様式をご記入の上、下記へお願いいたします。
    nil-lrfd"@"ml.mlit.go.jp(左記の"を省いて送信して下さい)

    <道路管理者以外の皆様へ>      
  • 道路橋示方書等、道路協会発行の図書に関する一般的な内容に関するご質問については道路協会ホームページをご覧下さい。
  • (一社)建設コンサルタント協会、(一社)日本橋梁建設協会、(一社)プレストレスト・コンクリート建設業協会の各協会においても、技術基準の適用にあたっての一般的な内容について、質問を受け付け、対応しています。詳しくは各協会ホームページをご覧下さい。

4)他機関と連携した研究

  • 道路政策の質の向上に資する技術研究開発
  • 道路局(新道路技術会議(委員会:石田東生(筑波大学大学院 教授)が公募・選定する研究テーマに対する委託研究の実施
  • 疲労き裂の補修技術に関する研究開発(名古屋大学)
  • 道路橋示方書の改定を踏まえた性能設計概念に基づく設計照査手法についての研究開発(岐阜大学)
  • 表面処理技術を応用した腐食鋼桁端部の性能回復技術に関する研究開発(琉球大学)
  • 高性能鋳鉄床版の開発(九州工業大学)
  • 共同研究     
  • 超高力ボルト材料の耐久性等の品質水準に関する共同研究(H26〜H27年度)
  • プレストレストコンクリート橋における初期変状の防止対策に関する共同研究(H25〜H26年度)
  • 道路橋等の点検効率化等への計測・非破壊検査技術の適用性に関する共同研究(H25〜H26年度)
  • 鋼橋の熱間加工技術に関する共同研究(H26〜H27年度)

5)人材育成・技術力向上等に関する技術支援

6)国際協力等活動

  • 日米二国間会議
    米国と2国間研究協力として、交互開催で毎年技術会議を開催
    • FHWA−NILIMミーティング
    • 天然資源の開発利用に関する日米会議(UJNR)
       

ページトップへ


〒305-0804 茨城県つくば市旭1番地(筑波研究学園都市)
国土交通省 国土技術政策総合研究所 道路構造物研究部 橋梁研究室
TEL:029-864-4919 | FAX:029-864-2690 | nil-bridged"@"ml.mlit.go.jp(左記の"を省いて送信して下さい)