#
海岸の研究 English Page
海岸研究室

海岸研究室 研究テーマ
[2]津波・高潮

[2]津波・高潮

 わが国は、津波、高潮、波浪による災害の脅威にさらされており、海岸はこれらの災害から背後の人命や財産を防護する役割を担っています。

 東北地方太平洋沖地震の津波災害を受けて、比較的頻度の高い一定程度の津波高に対しては海岸保全施設を引き続き整備する一方、最大クラスの津波を想定して、ハード・ソフトのとりうる手段を尽くした総合的な対策を実施することとされました。また、設計対象の津波高を超えた場合でも施設の効果を粘り強く発揮できるようにする構造物の技術開発を進め、整備していくことが必要とされています。

 さらに、津波による人的被害を軽減するためには、海岸保全施設に過度に期待することなく、大きな地震が発生すれば、迷うことなく迅速かつ自主的にできるだけ高い場所に避難を開始するなど、住民等の避難行動が重要になってきます。

 海岸研究室では、津波・高潮による海岸保全施設の被災やそれに対する海岸保全施設の構造に関する研究とともに、海岸災害からの避難に関する研究を行っています。

研究内容