下水道革新的技術実証研究 (B-DASHプロジェクト*
* Breakthrough by Dynamic Approach in Sewage High Technology Project

<< 技術導入ガイドライン(案)はB-DASH採択技術一覧に掲載しています >>

B-DASHに関するお知らせ

B-DASHプロジェクトとは?

 国土交通省では、新技術の研究開発及び実用化を加速することにより、下水道事業におけるコスト縮減や再生可能エネルギー創出等を実現し、併せて、本邦企業による水ビジネスの海外展開を支援するため、下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)を実施しています。

 事業の実施にあたっては、国土交通省(本省)にて有識者の審議を経て実証事業を採択し、国土技術政策総合研究所からの委託研究として、民間企業が必要に応じて地方公共団体や大学等と連携しながら実証研究を実施しています。その成果を踏まえ、国土技術政策総合研究所において革新的技術の一般化を図り、普及展開に活用するため技術ごとに技術導入ガイドラインを策定していきます。

 なお、 新技術導入に関する制度については、「水処理施設における実績のない処理方法を政令に追加するまでの一般的なフローPDF形式(PDF形式)」、「水処理施設における実績のない処理方法以外の新技術が交付金対象となるまでの一般的なフローPDF形式(PDF形式)」を参照して下さい。

B-DASHプロジェクトの目的と実施体制

B-DASHプロジェクトの実証テーマ(平成27年度現在)

[ このページの上部へ戻る ]

B-DASH採択技術一覧

平成23年度採択技術

 平成23年度は、「水処理技術(高度処理を除く)」、「バイオガス回収技術」、「バイオガス精製技術」、「バイオガス発電技術に係る革新的技術」を含むシステムについて公募を行い、2件の実証研究を採択・実施し、平成25年7月に技術導入ガイドライン(案)を策定いたしました。

実証対象
テーマ
実施事業
【委託研究実施者】
固液分離
ガス回収
ガス発電
超高効率固液分離技術を用いたエネルギーマネジメントシステム技術実証事業 【メタウォーター・日本下水道事業団 共同研究体】
ガス回収
ガス精製
神戸市東灘処理場 再生可能エネルギー生産・革新的技術実証事業 【神鋼環境ソリューション・神戸市 共同研究体】

平成24年度採択技術

 平成24年度は、「下水汚泥固形燃料化技術」、「下水熱利用技術(未処理水の熱利用に限る。)」、「栄養塩(窒素)除去技術(水処理に係る技術は除く)」、「栄養塩(りん)除去技術(水処理に係る技術は除く。回収技術を含むことは可。)」に係る革新的技術について公募を行い、5件の実証研究を採択・実施し、技術導入ガイドライン(案)を策定いたしました。

実証対象
テーマ
実施事業
【委託研究実施者】
固形燃料化 温室効果ガスを抑制した水熱処理と担体式高温消化による 固形燃料化技術実証事業 【長崎市・長崎総合科学大学・三菱長崎機工 共同研究体】
固形燃料化 廃熱利用型 低コスト下水汚泥固形燃料化技術実証事業 【JFEエンジニアリング】
下水熱利用 管路内設置型熱回収技術を用いた下水熱利用技術実証事業 【大阪市・積水化学・東亜グラウト 共同研究体】
窒素除去 固定床型アナモックスプロセスによる高効率窒素除去技術実証事業 【熊本市・日本下水道事業団・(株)タクマ 共同研究体】
リン回収 神戸市東灘処理場 栄養塩除去と資源再生(リン) 革新的技術実証事業 【水ing・神戸市・三菱商事アグリサービス 共同研究体】

平成25年度採択技術

 平成25年度は、「下水汚泥バイオマス発電システム技術(低含水率化技術、エネルギー回収技術、エネルギー変換技術を組み合わせたシステム技術)」、「管渠マネジメントシステム技術」に係る革新的技術について公募を行い、5件の実証研究を採択・実施しています。

 「下水汚泥バイオマス発電システム技術」についての技術導入ガイドライン(案)は平成27年秋頃に策定・公表予定です。「管渠マネジメントシステム技術」については、スクリーニング調査を核とした管渠マネジメントシステム技術導入ガイドライン(案)が平成26年10月に公表されました。

※「管渠マネジメントシステム技術」3件の詳細については、下水道研究室のページをご覧下さい。

実証対象
テーマ
実施事業
【委託研究実施者】
バイオマス発電 脱水・燃焼・発電を全体最適化した革新的下水汚泥エネルギー転換システムの実証事業 【メタウォーター・池田市 共同研究体】
バイオマス発電 下水道バイオマスからの電力創造システム実証事業 【和歌山市・日本下水道事業団・京都大学・(株)西原環境・(株)タクマ 共同研究体】
管渠マネジメント 高度な画像認識技術を活用した効率的な管路マネジメントシステム技術に関する技術実証事業 【船橋市・日本下水道事業団・日本電気(株) 共同研究体】
管渠マネジメント 管口カメラ点検と展開広角カメラ調査及びプロファイリング技術を用いた効率的管渠マネジメントシステムの実証事業 【管清工業(株)・(株)日水コン・八王子市 共同研究体】
管渠マネジメント 広角カメラ調査と衝撃弾性波検査法による効率的な管渠マネジメントシステムの実証事業 【積水化学工業(株)・(財)都市技術センター・河内長野市・大阪狭山市 共同研究体】

平成26年度採択技術

 平成26年度は、「下水汚泥から水素を創出する創エネ技術」、「既存施設を活用した省エネ型水処理技術(標準活性汚泥法代替技術)」、「既存施設を活用した省エネ型水処理技術(高度処理代替技術)」、「ICT による既存施設を活用した戦略的水処理管理技術」、「既存施設を活用したICTによる都市浸水対策機能向上技術」に係る革新的技術について公募を行い、6件の実証研究を採択・実施しています。ガイドライン(案)は平成28年夏頃に策定・公表予定です。

※「既存施設を活用したICTによる都市浸水対策機能向上技術」の詳細については、下水道研究室のページをご覧下さい。

実証対象
テーマ
実施事業
【委託研究実施者】
水素創出 水素リーダー都市プロジェクト〜下水バイオガス原料による水素創エネ技術の実証〜 【三菱化工機(株)・福岡市・九州大学・豊田通商(株) 共同研究体】
省エネ型水処理 無曝気循環式水処理技術実証事業 【メタウォーター(株)・高知市・高知大学・日本下水道事業団 共同研究体】
省エネ型水処理 高効率固液分離技術と二点DO制御技術を用いた省エネ型水処理技術の技術実証事業 【前澤工業(株)・(株)石垣・日本下水道事業団・埼玉県 共同研究体】
ICTを活用した運転制御 ICTを活用した効率的な硝化運転制御の実用化に関する技術実証事業 【(株)日立製作所・茨城県 共同研究体】
ICTを活用した運転制御 ICTを活用したプロセス制御とリモート診断による効率的水処理運転管理技術実証事業 【(株)東芝・日本下水道事業団・福岡県・(公財)福岡県下水道管理センター 共同研究体】
ICTを活用した浸水対策 ICTを活用した浸水対策施設運用支援システム実用化に関する技術実証事業 【広島市・(一社)日本下水道光ファイバー技術協会・(株)NJS・日本ヒューム(株) 共同研究体】

平成27年度採択技術

 平成27年度は、下記6件の実証研究を採択・実施しています。ガイドライン(案)は平成29年夏頃に策定・公表予定です。

※「都市域における局所的集中豪雨に対する雨水管理技術実証研究」、「車両牽引型深層空洞探査装置の実用化に向けた実証研究」、「陥没の兆候の検知を目的とした空洞探査の精度と日進量の向上に関する実証研究」、「三次元陥没予兆診断技術に関する実証研究」の詳細については、下水道研究室のページをご覧下さい。

実証対象
テーマ
実施事業
【委託研究実施者】
バイオガス集約・活用 複数の下水処理場からバイオガスを効率的に集約・活用する技術実証事業【JNCエンジニアリング(株)・吸着技術工業(株)・(株)九電工・シンコー(株)・山鹿都市ガス(株)・熊本県立大学・山鹿市・大津町・益城町 共同研究体】
CO2分離・回収・活用 バイオガス中のCO2分離・回収と微細藻類培養への利用技術実証事業【(株)東芝・(株)ユーグレナ・日環特殊(株)・(株)日水コン・日本下水道事業団・佐賀市 共同研究体】
再生水
利用
下水処理水の再生処理システムに関する実証事業【叶シ原環境・鞄結梵ン計事務所・京都大学・糸満市 共同研究体】
設備劣化診断 ICTを活用した下水道施設の劣化状況把握・診断技術の実証【(株)ウォーターエージェンシー・日本電気(株)・旭化成エンジニアリング(株)・日本下水道事業団・守谷市・日高市 共同研究体】
設備劣化診断 ICTを活用する劣化診断技術および設備点検技術実証事業【水ing(株)・仙台市 共同研究体】
都市浸水対策 都市域における局所的集中豪雨に対する雨水管理技術実証研究【福井市・富山市・神戸大学・古野電気(株)・江守商事(株)・(株)新日本コンサルタント・(株)日水コン・メタウォーター(株) 共同研究体】
陥没予兆検知技術 車両牽引型深層空洞探査装置の実用化に向けた実証研究【川崎地質(株)・日本下水道事業団・船橋市 共同研究体】
陥没予兆検知技術 陥没の兆候の検知を目的とした空洞探査の精度と日進量の向上に関する実証研究【三菱電機(株)・名古屋市・相模原市 共同研究体】
陥没予兆検知技術 三次元陥没予兆診断技術に関する実証研究【(株)環境総合テクノス・(株)日水コン・(学)関西大学・豊中市上下水道局 共同研究体】

[ このページの上部へ戻る ]