下水道は、生活環境の改善、公共用水域の水質保全、浸水被害の軽減等に資する重要なインフラストラクチャです。下水道普及率は全国平均で約78.3%(平成28年度末)に達しましたが、人口減少、高齢化の進展や厳しい財政事情等、下水道の整備を進めることが困難な状況に置かれている中小市町村もあり、より効率的な整備が求められています。
 また下水道普及率の高い都市部でも、集中豪雨による都市浸水、管渠の老朽化に伴う道路陥没など、下水道において対処・解決すべき技術的課題は山積しています。

 下水道研究室は、下水道に係るこのような技術的課題について、国土交通省本省に対する政策支援技術基準の策定を行うとともに、下水道管理者である地方自治体等への技術支援を実施しています。また、国立研究開発法人土木研究所、日本下水道事業団、(公財)日本下水道新技術機構を始めとする下水道関連研究機関及び国内外の大学・研究所等と連携して、下水道に関する技術開発を進めています。
研究者氏名 役職 主な研究内容
岡安 祐司 室長 研究の総括
松浦 達郎 主任研究官 都市雨水対策に関する研究
ストック活用に関する研究
田本 典秀 主任研究官 ストックマネジメントに関する研究
下水道新技術の導入推進に関する調査
M田 知幸 研究官 地震対策に関する調査
ストックマネジメントに関する研究
中村 裕美 研究官 都市雨水対策に関する研究
下水道の活用による付加価値向上に関する研究
原口 翼 交流研究員 ストックマネジメントに関する研究
浸水対策のためのストック活用に関する調査
田中 裕大 交流研究員 下水道技術の導入推進に関する調査
ストック活用に関する研究
山路 昂央 交流研究員 地震対策に関する調査
ストック活用に関する研究
佐故 環 非常勤職員 事務補助
メンバータイトル
国土技術政策総合研究所タイトル
問合わせ
サイトマップ
HOME
交通案内
下水道研究室タイトル
Members紹介
役割タイトル
※令和2年4月1日現在沿革タイトル