河川環境データベース
河川環境データベース
河川水辺の国勢調査は、河川では、「魚類調査」「底生動物調査」「植物調査」「鳥類調査」「両生類・爬虫類・哺乳類調査」「陸上昆虫類等調査」の 6項目の生物調査と、植生図と瀬・淵や水際部の状況等、河川構造物を調査する「河川環境基図作成調査」、河川空間の利用者数などを調査する「河川空間利用実態調査」の計8項目の調査が行われています。 ダム湖では、生物6項目の生物に加えて「動植物プランクトン調査」を実施し、「ダム湖環境基図作成調査」「ダム湖利用実態調査」と合わせて計9項目の調査が行われています。
河川環境データベース
 
河川環境データベース
 
河川環境データベース
データ作成基準類  生物種目録  公表資料
空間利用実態調査  文献検索   
河川環境データベース
2022/11/7 令和4年度調査結果入力用の河川水辺の国勢調査入出力システム(Ver.4.60)
       を公開しました。
2022/11/7 提供データの一覧とダウンロード(令和2年度追加)を公開しました 。


2022/02/25「令和2年度河川水辺の国勢調査結果の概要(ダム湖版)(生物調査編)」
        (プランクトン以外)を公開しました。

2022/02/25「令和2年度河川水辺の国勢調査結果の概要(河川版)(生物調査編)」
        を公開しました。

2021/11/25 2019年魚類調査結果の提供データのうち、富士川と斐伊川の「イソミミズハゼ」を
        「ミミズハゼ属の一種」と修正しました。

2021/10/04 提供データの一覧とダウンロード(令和元年度追加)を公開しました 。

2021/8/23 令和3年度調査結果入力用の河川水辺の国勢調査入出力システム(Ver.4.50)
       を公開しました。
       ※Ver.4.50につきましては、8/23以降にダウンロードしたシステムをご利用ください。


2021/04/09「河川水辺の国勢調査結果 〔ダム湖版〕 (ダム湖利用実態調査編)」
        令和元年度 調査結果概要を公開しました。

2021/03/05「令和元年度河川水辺の国勢調査結果の概要(ダム湖版)(生物調査編)」
        の一部(魚類、底生、プランクトン、両爬哺)を公開しました。

2021/02/17「令和元年度河川水辺の国勢調査結果の概要(河川版)(生物調査編)」
        を公開しました。

2020/07/08 環境DNAを用いた河川生物把握の可能性に関するテーマ調査の令和元年度取組結果
        が河川技術論文集第26巻に掲載されました。
        「北川哲郎・村岡敬子・山田拓也・中村圭吾(2020)河川水辺の国勢調査(魚類)
        における環境DNAメタバーコーディング解析の試行事例分析.河川技術論文集,
        26: 319-324.」
   掲載論文: https://www.pwri.go.jp/team/kyousei/jpn/events/m5_r2_01.htm

        また、令和2年7月8日開催「土研・河川シンポ勉強会 in 自然共生研究センター
        &河川生態チーム」において、上記論文に関する説明動画が公開されました。
   説明動画: https://www.youtube.com/channel/UCKcihl2rjeMhp_eRp0ae7Bg

2020/01/15 多自然川づくりの推進のため、環境DNAを用いた河川生物把握の可能性に関する
        テーマ調査を開始しました。(詳細はコチラ)




※H2〜H10のダム関係データは、最新の知見に基づく種名の変更等がなされていません。

河川環境データベース  
(c)copyright2007: Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism all right reserved.