GIS・ITS

EV・PHV充電施設情報流通仕様(案)

「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案)」 の改定等について「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案)」の改定等について

 国土技術政策総合研究所情報基盤研究室では、「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.1」を研究する中で自治体や多くの民間企業と意見交換を行ってきました。

 その中で要望の多かった動的情報(充電器の故障情報などリアルタイム性の高い情報)を扱う標準的な仕様を検討し、今般、「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案)動的情報編 Ver.1.0」として策定・公開しました。

 併せて、「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.1」も改定を行い、「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案)静的情報編 Ver.1.2」として公開しました。

   「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案)動的情報編 Ver.1.0」を閲覧する

   「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案)静的情報編 Ver.1.2」を閲覧する

「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.1」について「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.1」について

 国土技術政策総合研究所情報基盤研究室では、平成23年3月14日に公開した「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.0」に対する意見を募集しました。

 得られたさまざまな意見をもとに、本仕様(案) Ver.1.0を改定し、「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.1」として公開しました。

   改訂内容(新旧対照表)を見る

   「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.1」を閲覧する

「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.0」について「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.0」について

 国土技術政策総合研究所情報基盤研究室では、充電施設情報を集約・提供する際に必要となる情報項目などを標準化した「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案)」を策定しました。

 本仕様(案)は、充電施設情報を整備する事業者等(情報整備・提供事業者)が、その情報を利用する事業者等(情報利用事業者)の管理するセンターサーバ等に情報を提供する際の形式等を規定するものです。

5主な情報項目

   充電施設情報: 施設内の充電器個数、施設の名称、施設の緯度・経度、施設の住所など

   充電器情報: 利用制限の有無(誰でも利用可能か / 会員のみ利用可能か)、利用可能時間、
            充電器のタイプ(種類、電力量、ケーブルの有無・規格、コンセントプラグ形状)など

 情報項目などの標準化により、充電施設位置やバッテリ残量を考慮したルート案内などのサービスが全国的に一様に実現可能となり、ドライバの利便性向上が期待されます。

 作成にあたっては、民間企業7グループ(9者)との「EV・PHV充電施設に関する地理空間情報流通に向けた共同研究」で検討を行ったうえ、自動車メーカー、カーナビ・地図会社、電気メーカー、大学、自治体など幅広い関係者との「EV・PHV充電施設情報に関する検討会」(60者が参加)を開催し、多様な関係者の意見を反映させました。

 今後は、本仕様(案)に基づいた全国の充電施設情報を集約・提供する仕組みを実験的に構築し、本仕様(案)の実証検討を行います。

5検討内容例

   情報項目が過度に詳細で、登録困難な項目がないか?

   情報項目が不足していて、情報利用上の問題が生じないか?

   「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.0」を閲覧する

5XMLスキーマ

   「EV・PHV充電施設情報流通仕様(案) Ver.1.0」に示すCFIML文書の応用スキーマをダウンロードできます。

   応用スキーマ cfiml.xsd