社会資本施工高度化研究室研究分野i-ConstructionICT土工>基準類

i-Construction


基準類

平成29年3月 更なるICTの活用による生産性向上を図るため、基準類が新設・改訂されました。(本省HP)

     
←クリックして資料参照

平成28年4月よりICT活用に向け、新たに15の基準及び積算基準が導入されます。(本省HP)

     
←クリックして資料参照

社会資本施工高度化研究室 担当基準は下表の通り。


要領  内容
  土木工事施工管理基準(案) H29.3  土木工事の施工管理及び規格値の基準を定めたもの
 です。(3次元データによる面的管理基準追加)
  施工履歴データによる土工の出来高算出要領(案) H28.3  ICT建設機械から取得した施工履歴データによる土工
 の出来高算出方法を定めたものです。
 ステレオ写真測量(地上移動体)を用いた土工の出来高算出要領(案)
 H29.3
 ステレオ写真測量(地上移動体)を用いた土工の出来高
 算出方法を定めたものです。
 空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)
 H29.3
 土工における無人航空機による空中写真測量を用いた
 出来形管理手法を定めたものです。
 地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)
 H29.3
 土工における地上型レーザースキャナーを用いた出来形
 管理手法を定めたものです。
 TSを用いた出来形管理要領(土工編) H29.3  土工におけるTSを用いた出来形管理手法を定めたもの
 です。
 TS(ノンプリズム方式)用いた出来形管理要領(土工編)(案) H29.3  土工におけるTS(ノンプリズム方式)を用いた出来形
 管理手法を定めたものです。
 RTK-GNSSを用いた出来形管理要領(土工編)(案) H29.3  土工におけるRTK-GNSSを用いた出来形管理手法を
 定めたものです。
 無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領
(土工編)(案)
 H29.3
 無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形
 管理手法を定めたものです。

H29.3 策定された その他基準類のダウンロードはコチラから
H28.3 策定された その他基準類のダウンロードはコチラから

H29年度 ICT土工で用いる基準類一覧