国総研 建築研究部 ENGLISH

国土交通省 国土技術政策総合研究所
建築研究部 評価システム研究室

2020年4月1日更新

研究室の紹介


 評価システム研究室では、国民の安全・安心で快適な生活環境を実現するため、建築物等の性能評価等に係る技術に関する調査、研究、開発に取り組むと共に、建築基準法、住宅品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)などの技術基準の企画・立案や策定・改訂に対して科学的・技術的な知見に基づき行政支援を行っています。

更新情報


2020年4月1日 研究課題・研究者情報を更新しました。

2019年7月31日 研究課題を更新しました。

2019年4月1日 秋山信彦研究官が当室に加わりました。

研究課題


建築物と地盤に係る構造規定の合理化による都市の再生と強靭化に資する技術開発 (総プロ R2-R5)

  本研究では、建築物の更新時に支障となる従前建築物の杭の有効活用や既存宅地擁壁の耐震化を促進する新技術基準の開発を目指しています。

新しい木質材料を活用した混構造建築物の設計・施工技術の開発 (総プロ H29-R3)

  本研究では、CLT等の木質系大型パネルを用いた木造と他構造種別等の中層木質混構造建築物に関する構造設計法、防耐火設計法、耐久設計法の整備に資する技術開発に取り組んでいます。

地震を受けた拠点建築物の健全性迅速判定技術の開発 (事項立て H31-R3)

  本研究では、自治体庁舎など災害時の対応拠点である建築物が地震発生直後に立ち入り可能であることを、建築の非専門家である建物管理者が判定できるよう、建築物の健全性を構造・非構造の観点から判定するための技術開発に取り組んでいます。 

集成材接合の靭性保証設計のための割裂抑制技術に関する基礎的研究 (R1-R2)

  集成材接合部を対象として塑性変形能を確保するための割裂抑制技術について検討しています。

研究者情報


役 職 氏 名    専 門 分 野
室 長 石原 直 非構造部材の耐震性、地震工学、鉄骨造、etc.
主任研究官 秋山 信彦 木質構造

過去の研究


規制インパクト評価とわが国の規制評価の動き


Copyright(c)2020 Evaluation System Division Allright Reserved.