土木工事数量算出要領

数量集計表様式(案)


1 数量集計表様式(案)とは

 国土交通省では、土木工事に係る工事数量のとりまとめのために、「土木工事数量算出要領(案)」を定めています。本要領は、工事数量の算出方法等を示しているもので、平成9年度より国土交通省地方整備局のみならず地方自治体においても広く活用されています。
 しかしながら、本要領に従い算出された結果を提示する様式が統一されていなかったため、提出先に合わせた体裁で作成しなければならなかったり、積算時に数量拾い直し作業が生じるなど、非効率な状況がありました。
 このことから国土交通省では、新土木工事積算大系の工事工種体系に沿った数量集計の様式として「土木工事数量集計表様式(案)」を整備しました。
 本集計表様式は、平成11年度より国土交通省直轄事業の土木詳細設計業務において本格的に活用しています。


2 土木設計業務における運用について


3 数量集計表様式説明書


4 数量集計表様式(案)


5 土木工事数量算出要領(案)【平成27年度(4月版)】


6 土木工事数量算出要領(案)【平成27年度(10月版)】


7 土木工事数量算出要領(案)【平成28年度(i-Construction版)】


7 土木工事数量算出要領(案)【平成28年度(4月版)】


7 土木工事数量算出要領(案)【平成28年度(10月版)】


8 ご意見・お問い合わせ


9 社会資本システム研究室ホームページへ


All Rights Reserved, Copyright (C) 2001, National Institute for Land and Infrastructure Management