宅地擁壁の耐久性調査の研究成果資料


 総合技術開発プロジェクト「多世代利用型超長期住宅及び宅地の形成・管理技術の開発」(平成20~22年度)において、当研究室では既存の宅地擁壁の耐久性に関する研究を実施しました。ここでは、この研究において行った実態調査の結果概要と、実態調査の過程で作成した各種資料を掲載しています。




 なお、上記資料等は実態調査を行うために、国土交通省の技術的助言「宅地擁壁老朽化判定マニュアル(案)」に基づいて作成したものです。当研究室では、宅地擁壁自体の安全性や補修方法等に関する研究は、実施しておりません。