研究者情報(平成30年4月時点)

研究室スタッフ集合写真

それぞれの調査・研究課題の詳細については、研究概要及びB-DASHプロジェクトのページをご覧下さい。

名前・役職 担当している主な調査・研究課題
田室長
  • 研究総括
太田 主任研究官
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 事業総括
    • 高濃度消化・省エネ型バイオマス精製による効率的エネルギー利活用技術に関する実証事業
    • 稲わらと下水汚泥の高濃度混合高温消化と炭化を核とした地域内循環システムに関する調査事業(FS調査)
藤井 研究官
  • 下水道資源の活用を考慮した水環境マネジメント推進に関する調査
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 最終沈殿池の処理能力向上技術実証事業
    • 複数の下水処理場からバイオガスを効率的に集約・活用する技術
粟田 研究官
  • 地球温暖化対策(一酸化二窒素)
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 小規模下水処理場を対象とした低コスト・省エネルギー型高濃度メタン発酵技術に関する実証事業
    • アナモックス細菌を用いた省エネルギー型下水高度処理技術の実用化に関する調査事業
      (FS調査)
山本 研究官
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 温室効果ガス削減を考慮した発電型汚泥焼却技術の実用化に関する実証事業
    • ICTを活用する劣化診断技術および設備点検技術実証事業
石川 研究官
  • 下水処理場の既存施設能力を活用した汚水処理システムの効率化に関する研究
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • ICTを活用した下水道施設の劣化状況把握・診断技術の
      実証事業
    • 高圧ジェット装置を導入した高度処理における余剰汚泥の
      減容化(FS調査)
松橋 研究官
  • 衛生学的リスク管理
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 高効率消化システムによる地産地消エネルギー活用技術の実用化に関する実証事業
    • AIによる下水処理場運転操作の自動化・省力化技術の実用化に関する調査事業(FS調査)
矢本 研究官
  • 下水道資源としてのレアメタル回収に関する研究
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • クラウドを活用し維持管理を起点とした継続的なストックマネジメント実現システムの実用化に関する実証事業
    • AIを活用した下水処理運転管理支援技術に関する調査事業
      (FS調査)
 佐藤 交流研究員
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 全般

[ このページの上部へ戻る ]