公園管理者のための生物被害対処ガイド
都市公園等において健康被害等を与えうる生物の情報と被害の予防・低減について


Home > 各生物編 > ネズミ科

ネズミ科

緊急度:★★★

危険度:中

クマネズミ Rattus rattus
ドブネズミ Rattus norvegicus
印刷用PDFはこちら
プロフィール
クマネズミ
【特徴】 頭胴長15~24cm、尾長15~26cm、体重は150~200g。背面は黒色~灰褐色で腹面はスレート色がかった灰色あるいは白色。鼻先がとがった横顔、大きな目、薄くて大きい耳、長い尾が特徴。 ドブネズミ
【特徴】頭胴長11~28cm、尾長17.5~22cm、体重は40~500g。背面は黄色がかった灰色で、腹面は灰色か黄色がかった白色。鼻先が円みを帯びた横顔、小さな目、小さく厚い耳が特徴。
耳は小さく、前に倒しても目に達しない。
  • 分  布:両種とも汎世界的に分布し、国内でも全国的に分布する。国外由来だが移入時期や場所は不明で、先史時代から侵入していたともされる。島しょでは移入分布。
  • たべもの:クマネズミ:雑食性。植物質を好む。
    ドブネズミ:雑食性。動物質を好む。
  • す み か:クマネズミ:ビルや天井裏など比較的乾燥した高所。 高さと幅が10cm程度の空間を好む傾向がある。木登り等の垂直行動や綱渡りが得意で、高層ビルにも出現する。
    ドブネズミ:下水溝、台所の流し、ゴミ捨て場等、比較的湿った場所を好む。

被害

予防編│ネズミには手を触れない

低減編│咬まれたら直ちに受診を

参考資料