公園管理者のための生物被害対処ガイド
都市公園等において健康被害等を与えうる生物の情報と被害の予防・低減について


Home > 各生物編 > カ科

カ科

緊急度:★★★

危険度:低

ヒトスジシマカ Aedes albopictus
ネッタイシマカ A. aegypti
印刷用PDFはこちら
プロフィール
  • ヒトスジシマカ
    【特徴】体長約4.5mm。体全体と脚に白黒の縞模様がある。中胸の背面中央に白い1本の縦筋がある。
  • ネッタイシマカ
    【特徴】体長3~4.5mm。体全体と脚に白黒の縞模様がある。森林生・都市生の2亜種がいる。
  • 分  布:ヒトスジシマカ:本州以南。
    ネッタイシマカ:国内未定着。熱帯~亜熱帯地域に分布するが、将来的に分布が拡大する懸念がある。
  • たべもの:卵を成熟させるため、雌は哺乳類から吸血する。
  • す み か:ヒトスジシマカ:人家周辺や木陰に普通にみられる。植木鉢の水受、雨水升、排水溝等に産卵する。
    ネッタイシマカ:森林~市街地。森林亜種は森林の樹洞の溜まり水で、都市亜種は水がめ等の人工容器で繁殖。コンクリートジャングルのような無機的な環境にも生息する。

被害

予防編│野外で肌を露出しない

低減編│感染症が疑われる場合はすぐに病院へ

参考資料