公園管理者のための生物被害対処ガイド
都市公園等において健康被害等を与えうる生物の情報と被害の予防・低減について


Home > 各生物編 > イノシシ科

イノシシ科 イノシシ Sus scrofa

緊急度:★★★

危険度:

印刷用PDFはこちら
プロフィール
  • ニホンイノシシ
    【特徴】雄:頭胴長110~160cm、体重50~150kg。雌は雄よりやや小さい。
  • リュウキュウイノシシ(奄美以南の亜種)
    【特徴】雄:頭胴長80~110cm、体重40~50kg。雌は雄よりやや小さい。
  • 分  布:本州、四国、九州、淡路島、奄美大島、徳之島、沖縄本島、石垣島、西表島に分布する。近年では東北地方で徐々に分布を広げている。
  • たべもの:草食の傾向の強い雑食性。主に地中の植物(タケノコ、植物の根等)や動物(カエル、ミミズ等)を掘り起こして採食する。
  • す み か:低山~平野部の常緑広葉樹林、落葉広葉樹林、水田、農耕地等。主に夜行性。
【イノシシ科の特徴】大型の哺乳類。褐色又は暗黒色の剛毛で全身が覆われる。鼻の先端は丸く平たい。尾は長く、耳介は小さい。指の数は前後ともに4本で、2個の蹄をもつ。

被害
  • 生活史と被害発生時期:一年を通して活動しており、通年で被害が発生する可能性がある。
  • 被害:咬傷、感染症(※)。ほかに、裂傷、打撲等。
    パスツレラ症:パスツレラ菌の感染により、30分~2日で主に皮膚症状(傷口が腫れて化膿する)が引き起こされる。 最近の調査では、呼吸器系の疾患、骨髄炎、外耳炎等の局所感染、敗血症、髄膜炎等の重篤な症状、さらには死亡例も報告されている。
  • 事例:都市公園での被害例は特に知られていないが、街中での被害事例には、食料が入った買い物袋を持っているところへの襲撃等がある。人馴れしたイノシシが昼間も人の生活圏に出現し、散歩やジョギング中、登校時等に被害に遭う例もある。
    健康被害以外に、農作物への被害がある。

予防編│事前にイノシシ情報をよく確認
  • 〈利用者の対応〉
  • □ 公園や自治体からの情報を確認する。出没・目撃情報がある場合、その場所や時間帯での行動を避ける。
  • □ 樹林、藪等、見通しが利かない場所では、鈴、ラジオ等の音の出るものを身につけ、自分の存在がイノシシに伝わるようにする。 雨天時や川沿いでは、大きな音が出るよう配慮する。 ただし、人馴れした個体、人を襲う個体等「問題イノシシ」が出没している場合は、人間の存在自体がイノシシを誘引する恐れもあるため、情報をよく確認する。
  • ☐イノシシを誘引しないよう、公園内に食物を放置しない。
  • 〈管理者の対応〉
  • □公園内又は周辺において、イノシシが好む環境(樹林、収穫残渣や廃棄野菜のある畑地、タケノコの生える竹林等)がどこにあるか確認しておく。 ☞ 詳しくはこちら
  • □生息状況(出没状況)を、フィールドサインを手がかりに確認する。
  • □食料の密閉、ゴミのすみやかな処理等を行う。タケノコ、果樹等の生育にも注意し、状況に応じた管理を行う。
  • □過去に目撃された場所、利用された形跡のある場所、出現の恐れがある場所等に看板を設置し、利用者に注意を促す。 ☞ 詳しくはこちら
  • □周辺の生息域から公園へ連続する樹林等、イノシシの侵入・移動経路となりやすい場所において、イノシシの侵入を防ぐための侵入防止柵の設置や、草刈り等による見通しの良い環境づくりを行う。


低減編│イノシシを興奮させずに、その場を離れる
  • 〈遭遇した際の対応〉
  • □イノシシに背を向けず、ゆっくりと立ち去る。イノシシが反射的に向かってくる恐れのある逃げ方(背を向けて走って逃げる)はしない。
  • □イノシシを興奮させる恐れの高い行為(大声をあげる、物を投げる等)はしない。
  • □イノシシに自分の持ち物を取られても、決して取り返そうとしない。
  • □イノシシの仔を見かけた場合は、近くに母イノシシがいる可能性が高いため、すみやかにその場を離れる。
  • 〈応急手当等〉
  • □傷口を水でよく洗い、止血、消毒する。
  • □感染症の恐れがあるため、医療機関を受診する。診療科は医療機関の指示に従う。
  • 〈管理者の対応〉
  • □公園内でのイノシシの出没について、園内放送等により注意喚起を行う。
  • □出没場所周辺から、利用者等を安全に退避させる。
  • □安全が確保されるまでの間、必要に応じて、出没場所周辺を中心とした立入禁止措置等をとる。必要な柵、案内看板、人員配置等についてあらかじめ検討しておくことが望ましい。
  • □自治体の鳥獣担当等へ連絡し、イノシシの排除について必要な協議(有害鳥獣捕獲許可の確認等)を行った上で、必要に応じてハンター等の捕獲従事者へ依頼し、追払い、捕獲・駆除等を実施する。

参考資料