公園管理者のための生物被害対処ガイド
都市公園等において健康被害等を与えうる生物の情報と被害の予防・低減について

被害状況から原因生物を特定するためのフロー   被害発生の原因となった生物は、被害が何に対して生じているか、どのような内容かによって、ある程度絞り込むことができます。被害状況から生物を特定する際の一助として、以下の表を活用ください。

☞ ① 人への被害はこちら >
☞ ② 樹木への被害はこちら >
☞ ③ 施設への被害はこちら >

① 人への被害

陸域

内容 どのように 原因となった可能性のある生物
科名 代表種
怪我等の外傷 咬まれた・刺された 2つの傷が並んでいる クサリヘビ ニホンマムシ、ヒメハブ、タイワンハブ、サキシマハブ
傷は1つ ヒメグモ セアカゴケグモ、ハイイロゴケグモ
マダニ フタトゲチマダニ、キチマダニ等
アリ ヒアリ、アカカミアリ
スズメバチ オオスズメバチ、ツマアカスズメバチ、アシナガバチ類等
ヒトスジシマカ、ネッタイシマカ
サシガメ キイロサシガメ、オオトビサシガメ等
引っかかれた傷や咬まれた痕 イノシシ イノシシ
クマ ヒグマ、ツキノワグマ
イヌ 野犬
ネズミ クマネズミ、ドブネズミ
ハリネズミ アムールハリネズミ、ヨーロッパハリネズミ
腫れている・かぶれている 点状に腫れている キョクトウサソリ 全種
ヒメグモ セアカゴケグモ、ハイイロゴケグモ
マダニ フタトゲチマダニ、キチマダニ等
アリ ヒアリ、アカカミアリ
スズメバチ オオスズメバチ、ツマアカスズメバチ、 アシナガバチ類等
ヒトスジシマカ、ネッタイシマカ
サシガメ キイロサシガメ、オオトビサシガメ等
多数の腫れや発疹 イラガ科、ドクガ科等(毒毛虫類) イラガ、チャドクガ、タイワンキドクガ等
ウルシ ツタウルシ、ヤマウルシ等
血が出ている 気づかないうちに ヒルド ヤマビル
棘が刺さった キク メリケントキンソウ
汚損等 服などが汚れた 鳥の糞がついている カワウ
ムクドリ ムクドリ、インドハッカ
カラス ハシブトガラス、ハシボソガラス
感染症、中毒症状 動物と接触した 感染症 アフリカマイマイ アフリカマイマイ
ネズミ クマネズミ、ドブネズミ
ハリネズミ アムールハリネズミ、ヨーロッパハリネズミ
植物を食べた 中毒症状 アジサイ アジサイ
スイセン スイセン

海域

内容 どのように 原因となった可能性のある生物
科名 代表種
怪我等の外傷 腫れている・かぶれている みみず腫れ状になっている ネッタイアンドンクラゲ ハブクラゲ
カツオノエボシ カツオノエボシ
ギンカクラゲ カツオノカンムリ
傷は点状で黒く変色 ガンガゼ ガンガゼ
その他 ゴンズイ ゴンズイ
アイゴ アイゴ
怪我をした(血が出た) 2つの傷が並んでいる コブラ エラブウミヘビ
その他 マダコ ヒョウモンダコ
ゴンズイ ゴンズイ
アイゴ アイゴ


② 樹木の被害

内容 どのように 原因となった可能性のある生物
科名 代表種
枯れた 幹や枝が糞で汚れている カワウ
ムクドリ ムクドリ、インドハッカ
特に汚れは見当たらない カミキリムシ クビアカツヤカミキリ
幹や枝が汚れている 鳥の糞がついている カワウ
ムクドリ ムクドリ、インドハッカ


③ 施設への被害

内容 どのように 原因となった可能性のある生物
科名 代表種
汚れている・壊れている 鳥の糞 カワウ
ムクドリ ムクドリ、インドハッカ
カラス ハシブトガラス、ハシボソガラス
動物の糞や足跡
イノシシ イノシシ
ジャコウネコ ハクビシン
ネズミ クマネズミ、ドブネズミ
池など 植物が繁茂している ミズアオイ ホテイアオイ
鳥が周囲にたくさんいる カワウ