公園管理者のための生物被害対処ガイド
都市公園等において健康被害等を与えうる生物の情報と被害の予防・低減について


よく使われる被害対策グッズ  人への被害を予防及び低減するために役立つと考えられる、代表的なグッズを紹介します。
 これらのグッズは用意するだけでなく、使い方を把握しておくことが必要です。また、使用期限が定められているものもあるため、日々の点検で使用可能なことを確認し、定期的な更新も行いましょう。

❖ 1. 被害予防のためのグッズ

 被害を生じる可能性のある生物に対して、遭遇や被害を未然に防ぐために役立つ主なグッズを示します。

目的 グッズ名 効果等
大型哺乳類との遭遇の回避 クマ鈴 音を出し、人の存在をクマに伝える。携帯ラジオでも効果がある。ただし、人馴れした個体、人を襲う個体等「問題グマ」に対しては、逆にクマを誘引してしまう恐れもあるため、周辺でのクマの目撃情報等をよく確認した上で使用することが望ましい。
虫刺され等の予防 虫よけスプレー カ、ハチ、アブ等に対して効果がある。ダニに対して効果があるタイプもある。
ヤマビル忌避剤 ヤマビルに対して効果がある。衣類や靴に吹きかけておくことで、ヤマビルの付着を防ぐ。
感染症等の予防 消毒用エタノール 手などに使用し、細菌類による感染症を予防するために役立つ。ただし、引火性のため、設置場所には注意が必要。
除菌ウエットティッシュ エタノール等が主成分のウエットティッシュ。携帯に便利だが、乾燥してしまうと効果がないため注意が必要。


❖ 2. 被害低減のためのグッズ

 被害を無くす又は程度を軽くするために役立つ主なグッズを示します。

目的 グッズ名 効果等
大型哺乳類の防御 クマ撃退スプレー 唐辛子成分を噴射する、クマ対策用の催涙スプレー。人にも影響があるため、使用時は風上にいることが望ましい。また、保管時も暴発に注意する。
昆虫、ダニ等の防御 殺虫剤 カ、ハチ、アブ、ダニ等を駆除するために用いられるもの。用法、効果等が異なる様々なものが市販されている。
毒被害の低減 ポインズンリムーバー 注射器様の器具で、刺された箇所や咬まれた箇所から毒を吸い出す。
怪我等の低減 消毒液、絆創膏等 一般的な救急セット。傷口の消毒、止血等に役立つ。