公園管理者のための生物被害対処ガイド
都市公園等において健康被害等を与えうる生物の情報と被害の予防・低減について


公園利用者への広報・周知のポイント

 生物被害の予防・低減のためには、生物の特徴や生息状況、被害を防ぐための注意点等について、利用者へ適切な広報・周知を行うことも有効です。


❖ 1. 広報・周知の手段

 広報・周知は、次のような手段で行うことが考えられます。

■ ポスターの掲示、チラシの配布   ・対象となる生物について、利用者へ情報提供をするために有効です。
  ・同時に、利用者からの目的情報の収集のためのツールとなることもあります。 ■ 看板の設置   ・生物が生息しうる、又は生息や被害が確認された場所付近に設置し、利用者へ注意を促すために有効です。
  ・生物の除去や環境管理のために、わなの設置、薬剤の使用、草刈り等をする場合にも、利用者が不用意に近づかないように注意を促します。 ■ 園内放送   ・被害の発生又はそのおそれがある時に、園内にいる利用者へ広く注意を呼びかけたり、緊急の周知をするために有効です。


❖ 2. 広報・周知のポイント

 広報・周知は、次のようなポイントに留意して行うとよいでしょう。