• 沿道大気質

    Roadside Air Environment

環境影響評価における自動車排出ガス量の推計に関する調査検討

 平成17年より新長期規制車が普及したことを踏まえ、シャシダイナモメータを用いて実走行状態を再現して 自動車排ガス中の大気汚染物質量(NOx・PM等)を測定し、今後の排ガス規制導入による低減を考慮し、 自動車排出係数をより実態に即した値に更新するための調査を実施した。
詳細はこちら(国総研資料NO.661「平成22年度道路調査費等年度報告」より抜粋)
 調査結果を用いて、新たなNOx・PM等自動車排出係数を作成し公表した。
詳細はこちら (国総研資料NO.671「道路環境影響評価等に用いる自動車排出係数の算定根拠(平成22年度版)」)

自動車排出ガス量の推計手法の合理化に関する検討

本調査研究では、車載型排出ガス計測システム及び簡易燃費計を用いて、 実走行時の自動車排出ガス量及びその変動特性に関する調査を実施しその実態を把握するとともに、 将来における合理的な自動車排出係数の更新方法を検討している。
詳細はこちら(国総研資料NO.661「平成22年度道路調査費等年度報告」より抜粋)

大気環境予測技術検討のための気象観測

 大気安定度の影響を考慮した調査・予測をより詳細に実施する手法を確立することを目的とし、 大気安定度等と大気汚染物質濃度の関連性を分析するための基礎データを収集するため、 気温の鉛直分布(1.5m~20mの4高度)、風向・風速、日射量、放射収支量の気象項目について、通年で観測を行った。
詳細はこちら(国総研資料NO.661「平成22年度道路調査費等年度報告」より抜粋)
 観測結果を用いて、大気安定静穏発生による沿道大気質濃度及び予測への影響度合いについての知見をとりまとめた。
詳細はこちら (国総研資料NO.672「大気安定静穏発生による沿道大気質濃度及び沿道大気質予測への影響に関する検証」)