研究成果概要


国総研資料 第 358 号

【資 料 名】 大型車の振動特性が橋梁に及ぼす影響に関する研究(?V)

【概   要】  近年,乗員の疲労や積荷の損傷を軽減するため,車両振動の低減効果の高いエアスペンションを搭載した大型車が増加している。国総研道路構造物管理研究室では,橋梁をはじめとする道路構造物の活用と保全を図るため,これまで代表的な3軸トラック(単車)およびISO規格国際海上コンテナ搭載トレーラを対象として,サスペンション特性の異なる大型車が道路構造物に及ぼす影響に関する調査を行い,その基礎的特性を明らかにしている。
 本研究では,検討の幅を広げ,構造上の多様性を有するセミトレーラ形式の車種を対象に,トレーラ部の構造諸元の変化とトラクタの駆動軸が道路構造物に及ぼす影響との関係について,基礎的な特性を明らかにするため,実車を用いた走行試験等を実施した。
 本報告書は,この研究の成果をとりまとめたものである。

【担当研究室】 道路構造物管理研究室

【執 筆 者】 玉越隆史,小林寛,中洲啓太,石尾真理



表 紙 748KB 1,129KB
中 扉 180KB
まえがき 106KB
目 次 240KB
1章 序論 249KB
2章 動的影響に関する実車両実験
2.1 概要 1,121KB
2.1.1 試験車両 334KB
2.1.2 試験車両の基本仕様 828KB
2.2 道路走行試験 58,035KB
2.2.1 概要
2.2.2 試験方法(1)試験走路
,(2)測定項目および測定方法
3,867
1,133KB
2.2.3 試験結果(p.22),(p.23),(p.24),(p.25),(p.26)
    (p.27),(p.28-29),(p.30),(p.31)
451-
14,001KB
2.3 人工段差走行試験 6,856KB
2.3.1 概要
2.3.2 試験方法
290KB
2.3.3 試験結果(p.33-34),(p.35-40),(p.41-42),
    (p.43-45),(p.46-47)
326-
3,930KB
2.4 人工段差落下試験(サスペンションの振動特性試験) 2,549KB
2.4.1 概要
2.4.2 試験方法
780KB
2.4.3 試験結果 2,006KB
2.5 人工段差落下試験(トレーラの振動特性試験) 9,215KB
2.5.1 概要
2.5.2 試験方法
581KB
2.5.3 試験結果(p.57-60),(p.61),(p.62),(p.63),(p.64),
    (p.65),(p.66),(p.67)
1,129-
1,872KB
2.6 橋梁走行試験 6,899KB
2.6.1 概要
2.6.2 試験方法
447KB
2.6.3 試験結果,(p.71),(p.72),(p.73),(p.74)
    (p.75-78)
240-
1,883KB
3章 試験結果に対する考察
3.1 動的軸重の最大値
3.2 車両走行時の振動特性
3.3 トレーラの条件変化が振動特性に及ぼす影響
1,167KB
4章 まとめ 178KB
参考文献 190KB
【付録1】動的軸重波形と周波数特性(道路走行試験) 56,604KB
(p.84-85),(p.86-87),(p.88-89),(p.90-91),(p.92-93)
(p.94-95),(p.96-97),(p.98-99),(p.100-101),(p.102-103)
(p.104-105),(p.106-107),(p.108-109),(p.110-111)
(p.112-113),(p.114-115)
348-
8,212KB
【付録2】橋梁走行試験測定波形 16,870KB
(p.116-117),(p.118-119),(p.120-121),(p.122-123),(p.124-125),(p.126-127),(p.128-129),(p.130-131) 2,221-
2,250KB
奥 付 749KB