研究成果概要


国総研資料 第 180 号

【資 料 名】 大型車の振動特性が橋梁に及ぼす影響に関する研究(?U)

【概   要】  道路を通行できる車両の諸元は,構造物の設計基準と密接に関連し,車両制限令の規定を満足するように定められているが,近年,物流の効率化の観点から,車両の大型化に関する要望が高まってきている。一方,海外においてはエアサスペンションを搭載した車両のうち一定の条件を満足する車両に対してロードフレンドリーの観点から総重量や軸重の緩和措置を導入する例がある。
 本研究では,こうした状況を踏まえ,駆動軸の構造特性の違いに起因する大型車の振動特性の違いに着目して,橋梁に及ぼす影響との関連について研究を行ったものである。
 本報告書は,特に国際海上コンテナ搭載トレーラーを連結したセミトレーラー車両を対象とした研究の成果をとりまとめたものである。

【担当研究室】 橋梁研究室

【執 筆 者】 玉越隆史,中洲啓太,石尾真理,中谷昌一



表 紙 17KB 181KB
中 扉 19KB
まえがき 84KB
目 次 80KB
1章 序論 92KB
2章 動的影響の評価に関する実車両実験
  2.1 概要 150KB
2.2 車両基本特性 2,168KB
  2.3 一般道走行試験(p.12-13),(p.14-17),(p.18-19),(p.20-25),(p.26-28),(p.29),(p.30-35),(p.36),(p.37-39),(p.40-41),(p.42-46),(p.47-51),(p.52-54),(p.55) 93-
7,328KB

20,897KB



  2.4 人工段差走行試験(p.56-59),(p.60-62) 1,121
-724KB
1,745KB
(p.63),(p.64-69),(p.70-75),(p.76-81),(p.82),(p.83)(p.84),(p.85),(p.86),(p.87),(p.88),(p.89),(p.90), 82-
8,186KB
77,796KB

(p.91),(p.92),(p.93),(p.94),(p.95),(p.96-107),
(p.108),(p.109)
84-
8,198KB
  2.5 人工段差落下試験(p.110-112),(p.113),
(p.114-115),(p.116-117),(p.118-119),(p.120-121),(p.122-123),(p.124-125),(p.126-127),(p.128-131),(p.132-133)
90-
8,380KB

46,329KB


  2.6 橋梁走行試験(p.134-138),(p.139-140),(p.141-149),(p.150-155),(p.156-161),(p.162-167),(p.168-169),(p.170) 76-
1,632KB
2,708KB


3章 車両の振動特性が橋梁に及ぼす影響 2,825KB     
4章 まとめ 108KB     
参考文献 97KB
付属資料 191KB
奥 付 38KB