平成30年北海道胆振東部地震における国総研の災害調査・技術支援の活動状況

1.国総研の初動対応

初動対応は以下の通りです。


2.現地派遣状況概要

国総研では、北海道からの要請を受け、災害発生直後から職員を被災地へ派遣し、土砂崩れ、液状化等による被害に関する調査や二次災害防止への対応等についての技術支援に取り組んでいます。

(単位:人)
派遣内容 9月 合計 派遣先
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
土砂災害分野 1 1 1 4 4 3 5 2 2 2 0 0 0 25 北海道勇払郡厚真町
港湾分野 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 北海道苫小牧市
液状化被害に関する調査 0 0 0 0 5 0 0 0 2 0 0 0 0 7 北海道札幌市
建築分野 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 2 5 北海道勇払郡厚真町等
道路分野 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 北海道勇払郡厚真町等

(平成30年9月18日)


3.各分野における活動状況

 国総研の各分野における活動について、以下にご紹介いたします。


4.報道発表資料

 国総研の活動に関係する記者発表資料は以下の通りです。


5.関係機関へのリンク